Wifiの通信速度はなぜ理論値通りに出ないのか

Wifiの通信速度を知る上で理解しておきたいのが、理論値と実測値の違いです。

実測値は文字通り、その時点に身をおいている環境のもとで計測した場合に得られる値で、理論値は通信を行う際に良いといわれている環境が完全に整っていると仮定した場合に得られることが期待される最大値を指します。

例えば、最新の無線通信規格であるIEEE802.11adについて調べていくと、6.7Gbpsという数値を何度も目にしますが、この値はあくまで理論上の最大速度であり、実際に計測をしてみると1Gbpsにも満たない場合がほとんどです。このようにWifiの通信速度で、理論値と実測値は必ず大きく乖離します。

しかしながら、スマートフォンやノートパソコンなどの携帯端末から快適にインターネット上のコンテンツを見たいのであれば、Wifiの通信速度はできるだけ理論値に近づけたいものです。Wifiの通信速度を向上させるためには、ルーターを周囲に電波を遮りそうなものが無く、波が広がっていきやすいような場所に置いたり、通信機能がついている機器の同時使用数を減らすなどして、できるだけ理想的な環境に近づける必要があります。壁や天井、床に近い場所や、家具や分厚い本が多く置かれている所、台所や浴室の近くなどは電波の減衰を招きやすくなるためルーターの設置場所には不適です。さまざまな対策を施した結果、1Gbpsを上回る速度がでるようであれば無線通信の利用環境はかなり良いといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *