すぐに試せるWifiの通信速度を改善する方法

Wifiの通信速度が遅い場合、Wifiルーターとの距離が遠いこと以外でまず考えられるのは、ルーターの置き場所が良くないということです。

Wifiの電波は障害物などに遮られやすく、端末(スマホなど)との間に壁や家具などがあると通信速度が落ちたり通信が不安定になる原因になります。特に金属やコンクリート、水などは電波を阻害しがちなので、ルーターは壁や床、水回りなどとはできるだけ離し、できれば部屋の中央に置いておくのがいいでしょう。また、Wifiの電波であるマイクロ波は電子レンジやHIクッキングヒーターなどの家電製品などにもよく使われており、これらの近くに置くと電波同士が干渉しあうため通信速度が遅くなる場合があります。ルーターは、これらの家電製品や他のWifi機器とはできるだけ離れた場所に置きましょう。置き場所に問題がない場合は、まずルーターと接続している端末がいくつあるかチェックしてみてください。

同時に接続している端末が多すぎると、回線が混雑して通信速度が遅くなるので、使っていない端末はこまめに接続を切っておきましょう。どうしても全ての端末を同時に使用したいなら、ルーターの買い替えや増設も考えましょう。置き場所にもよりますが長時間ルーターを起動させ続けていると、ルーターが不調になり通信速度が低下することがあります。軽微な不調であれば、ルーターを再起動することで改善することがあります。また、ファームウェアのアップデートができる場合は行っておきましょう。これで端末との相性などが原因の不具合が改善する場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *