Wifiの通信速度が遅くなる原因と対処法

Wifiの通信が悪くなり通信速度が遅くなる時があります。

そんな時の原因と対処法をご紹介いたします。まずはルーターとの距離が遠かったり障害物があるときです。離れすぎていると電波も届きにくくなります。障害物の対処法としてWifiはコンクリートや鉄によって遮られやすいので、部屋のドアを開けてみるだけで電波が届きやすくなります。次にWifiルーターに繋がっている端末が多すぎるとうまく繋がらないケースもあります。通常の部屋に据え置きタイプのルーターだと10台以上大丈夫なようですが、モバイルタイプですと5~10台程度で家族で同じルーターを使うときは回線が混雑しないように気を付けないと繋がりはするが通信速度がとても遅くなることがある。

急にWifiの通信が悪くなるそんな時はルーター端末に不調があるかもしれません。まず不具合があるかもしれないと思ったら電源を切りしばらく時間をおいてから再起動してみましょう。真夏などはルーターが熱暴走で熱くなりうまく動作しないこともあります。大体はこの対処法で改善されますが、もし直らなければルーターの取扱説明書をみて線を繋ぎなおしてみてください。ルーターではなく端末に問題があるケースもあり、そんなときは一度設定をリセットしてみると再度接続も安定し通信速度も直ります。このように何点かWifiの通信速度がおちたり、回線が途切れた時の対処法を覚えておくとより快適にネット生活が送れると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *