記録に残したい仮想通貨のあれこれ
2018年7月4日

すぐに取引ができるGMOコイン

通常、仮想通貨の取引を行う際には口座の開設が必要になります。

口座の開設のためには書類などを提出しなければならず、審査を受けることになります。通常はこの審査に数日程度の時間がかかり、最終的に取引を開始できるのは口座の開設を申し込んだ1週間後、もしくはそれ以降になってしまう傾向にあるため、スピードアップを求める声が多かったです。

そんな中でGMOコインは口座の開設を申し込んだ翌営業日には仮想通貨の取引が行うことが可能です。GMOコインで口座を開設するには条件があり、20歳以上であることや日本国内に居住していることなどの条件をクリアしなければなりません。

最初にメールアドレスの登録を済ませて本人確認書類などの提出を行って審査を受けていきます。本人確認書類の提示はオンラインでの提出か受取時本人確認と呼ばれる対面での確認方法があります。

受取時本人確認では先に審査を行ってから本人確認を行う形になるため、書類を受け取る際に本人確認をしたその時点で申し込みが完了します。GMOコインがすぐに取引できるのはこうしたやり方があるためです。

口座の申し込みはたった数分で終えることができ、郵便事情が良ければ翌日には取引ができる状態にあります。ここが買い時であり売り時というのがわかり、すぐにそれを行動に移したい場合にはGMOコインを用いて取引をしていくことが大事です。

そうすることで旬を逃すことなく取り組むことが可能です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です